■ 音へのこだわり

● パッチベイ

当スタジオでは音質劣化の原因とされるハンダによって結線されたケーブルのコネクタ同志の接続を少しでも減ら という理由から『パッチベイ』一切使用せず、オーディオインターフェイスのアナログI/Oやスタジオ内から 繋がるバランスケーブル直接マイクプリアンプ等のアウトボード機材に接続して録音作業を行なっております。


● 電源ケーブル

各機材に繋がれる外付け電源ケーブルはすべて医療用電源プラグ等扱うアメリカのマリンコ社ワッターゲート社、ドイツのK+B社、そしてこれも大手ケーブルメーカーであるアメリカベルデン社製による完全にノイズ シールドがされた極太電源ケーブルによって作成されており、これらによってよりフラットで安定した音を演出する為の電源を各機材に供給しております。


● オーディオケーブル

スタジオ内のマイクケーブルアウトボード機材同志を繋ぐケーブルにはベルデンの最高峰オーディオバランスケーブル84121192A、楽器用には8424、そして一番重要な音の入口であるオーディオインターフェイスのイン、アウトから88760バイタルオーディオVAM265を使用し、この規模のレコーディングスタジオとしては他に例がない程のこだわりを持ってその『音』を追求し続けております。


マザーハウス TOPページ音楽練習スタジオ/池袋店江古田店練馬店
レコーディングスタジオ楽器&PA機材の外部レンタル各種楽器の音楽レッスン求人

- Copyright(C) 1999-2018 MOTHER HOUSE Corporation. All Rights Reserved -